自衛隊

航空自衛隊のテストパイロットになる!

とっとっと
とっとっと
皆さん、こんにちは。
とっとっとです。
今回の記事は、航空自衛隊のテストパイロットになる!ということでお送りします。
旦那
旦那
実は、宇宙飛行士の油井さんも、航空自衛隊のテストパイロット出身なんだよ〜!
とっとっと
とっとっと
聞いたことがある!テストパイロットって、何か飛行機のテストをしてるのかな〜?くらいのイメージしかないよね〜。
旦那
旦那
たしかに、どんなことしているのか、なかなか聞く機会はないよね〜。
とっとっと
とっとっと
ざっくり、どんなことをしていて、どうやったらテストパイロットになれるのか、解説をお願いしま〜す。
旦那
旦那
おっけ〜。じゃあ、始めていこうね〜。
テスト・パイロットとは

航空自衛隊では、岐阜基地飛行開発実験団に所属しています。

仕事内容は、航空自衛隊の装備品の新規開発や能力向上のための飛行試験等を実施することです。

旦那
旦那
では、具体的にどうやったらテスト・パイロットになれるのか解説していくよ〜。
テスト・パイロットへの道(概要)
  1. 航空学生、防衛大学校、一般幹部候補生(飛行)学校を卒業
  2. 戦闘機もしくは輸送機等のパイロットになる
  3. テスト・パイロットのコースを希望する
  4. 約10ヶ月のコースを卒業し資格を得る
  5. テスト・パイロットとして活躍する
旦那
旦那
テスト・パイロットは、戦闘機でも輸送機でもヘリコプターでも試験をする必要があるから、機種は問わないよ。とにかくまずパイロットになることからスタートするよ〜。
とっとっと
とっとっと
戦闘機だけじゃなくて、輸送機でも大丈夫なんだね〜。
旦那
旦那
航空自衛隊が保有している機体や、新規開発する航空機の試験を担当するから、制限はないよ〜。
とっとっと
とっとっと
戦闘機の人は、輸送機の試験もやったりするの?
旦那
旦那
また、後から説明しようと思うけど、戦闘機の人は戦闘機、輸送機の人は輸送機のテストパイロットになるよ〜。でも、テスト・パイロットになるための訓練中は、戦闘機の人は輸送機もヘリコプターも操縦訓練するし、輸送機の人も戦闘機の操縦訓練をするよ〜。
とっとっと
とっとっと
戦闘機も輸送機もヘリコプターも操縦訓練があるんだね〜。
旦那
旦那
色々な飛行機を操縦できるから、とても面白い訓練だよね〜。
とっとっと
とっとっと
じゃあ、引き続き解説お願いしま〜す。
①航空学生等を卒業

まずは、①航空学生、②防衛大学校、③一般大学を卒業してから、幹部候補生学校(飛行要員)として入学する3つのコースからスタートします。

どのコースから始めても、テスト・パイロットなることができます。

戦闘機の人は戦闘機、輸送機の人は輸送機のテスト・パイロットになります。

なので、戦闘機のテスト・パイロットになりたい人は、戦闘機のコースを卒業して、戦闘機のパイロットになることが前提となります。

旦那
旦那
防衛大学校での生活は記事を過去に作っていたので、リンクを貼っておきますね。
【ざっくり分かる】防衛大学校の生活防衛大学校ってどんな生活しているんだろう?どんな訓練しているんだろう?気になることをざっくり解説してみました。...
②戦闘機等のパイロットになる

まずは戦闘機、輸送機等のパイロットになることが前提となります。

戦闘機パイロットになるまでの道のりは記事を書いているので参考にしてみてください。

【戦闘機パイロットへの道】どうやったらなれるの?現役戦闘機パイロットが回答します航空自衛隊の戦闘機パイロットになるまでの道のりを投稿しています。高校卒業して、どのようなコースがあるのか?そんな疑問に答えるとともに、どんな訓練をしているのか?給料はいくらくらいもらえるのか?についても合わせて紹介しています。...

戦闘機、輸送機のパイロットに無事になることができたら、全国各地の戦闘機や輸送機の部隊で経験を積むことになります。

パイロットになって、すぐテスト・パイロットになることはできません。

少なくとも、部隊で約5年、1000時間の飛行経験を積むことがコースに入るための条件となっています。

③テスト・パイロットを希望する

戦闘機や、輸送機での部隊経験を積みながら、テスト・パイロットのコースを希望しましょう!

年間数名しかテスト・パイロットを養成していないので、タイミングも重要ですが、希望しなければなることができません。

テスト・パイロットを目指すのならば確実に希望を上司に伝えておきましょう。

④テスト・パイロットの訓練を実施する

希望がかなって、テスト・パイロットのコースに入ると、約10ヶ月の訓練が待っています。

飛行機を飛ばす訓練だけでなく、飛行試験理論や航空力学等の座学も実施しています。

航空自衛隊で所有している航空機ほぼすべての飛行訓練や、海上・陸上自衛隊保有の航空機やヘリコプターの操縦訓練も実施しています。

新規に開発する航空機等の研究開発業務に従事するテスト・パイロットになるためには非常にレベルの高い教育を受けることになります。

卒業時には、学科及び操縦の検定が行われ、合格しなければテスト・パイロットの資格を得ることができません。

旦那
旦那
操縦の技量だけでなく、技術等に関する知識、数学や物理等の知識も必要みたいだよ〜。
とっとっと
とっとっと
確かに、新しいものをテストするっていうと頭も良さそうなイメージがあるよね。
⑤テスト・パイロットとして活躍する

無事にテスト・パイロットのコースを卒業すると、試験飛行操縦士の資格を得ることができます。

テスト・パイロットは以下のような活動を実施しています。

  1. F-2やC-2のような新規開発航空機の飛行試験
  2. F-2等への新規装備品の搭載試験
  3. 新規ミサイル、爆弾等の発射試験

戦闘機部隊や輸送機部隊のパイロットが運用を開始する前に、使えるかどうかや安全かどうかなどを確認しています。

航空自衛隊では、岐阜基地にある飛行開発実験団が唯一の試験担当部隊となっています。

飛行開発実験団の保有航空機は以下の機種です。

  1. F-2
  2. F-15
  3. (F-4):退役
  4. T-4
  5. T-7
  6. C-1
  7. C-2
旦那
旦那
岐阜基地は、たくさんの種類の航空機を運用しているので、飛行機が好きな人は一日で多くの種類の飛行機を見ることができるのでオススメです。
旦那
旦那
テスト・パイロットになるまでの道のりは「ざっくり」見ていただけたでしょうか?
とっとっと
とっとっと
どこまで詳しく解説していいかも難しいよね〜。
旦那
旦那
そうだね〜。できるだけ伝えられる範囲で詳しく皆さんに航空自衛隊のパイロットについて知ってもらえるように少しずつ、いい記事にしていこうと思います。
とっとっと
とっとっと
今回は、テスト・パイロットへの道のりを紹介しました。
最後までありがとうございました。
以上、とっとっとでした。

飛行機ランキング
飛行機ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村